カラメルは、トレンドから掘り出し物まで見つかる通販情報が満載のショッピングモールです! ショップ数:167,431 商品数:16,493,018

お買い物の前に4,000ポイントゲット

テンペ菌20g (10kg分)-インドネシア産最上質ラギテンペ-【送料無料】*メール便での発送*

販売ショップ: 厳選食材のお取り寄せ【かわしま屋】

ブランド: かわしま屋

¥780(税込)

7ポイント獲得(ポイントの詳細)

条件つき送料無料

在庫:残り2点

クレジットカード 代金引換 銀行振込

購入数
お買い物の前に4,000円分のポイントゲット!
テンペ菌20g (10kg分)-インドネシア産最上質ラギテンペ-

テンペの本場インドネシアのAFI社製最高品質のテンペ菌です。
わかりやすい解説書付きなので、ご家庭で手軽にテンペを楽しむ事ができます。

テンペ菌


一袋でテンペ約10kg分をお作りいただけます。

テンペ菌





テンペとは

テンペとは大豆蛋白を利用したインドネシアの健康食品です。
東南アジア特にインドネシアで常食されているテンペが健康食品として日本の食品業界で話題となっています。
インドネシアでは煮大豆をバナナの葉に包み27〜30℃で自然発酵させたものを食用としていますが、わが国では細菌学的に純粋培養した厳選された菌株を接種し、工業的に清潔なテンペの生産がおこなわれだしました。スターターとなる種菌は当時農林水産省食品総合研究所とアキタコンノとの綿密な協力によって安全性の面から推奨されている菌株によって無菌的に培養供給されて安定した成果を挙げています。
 

大豆テンペの健康食品としての価値

◇テンペ発酵を通じて大豆中のビタミンB群が増加します。
◇レシチンおよび高級不飽和脂肪酸(リノール酸、リノレン酸)を豊富に含み循環器系に蓄積したコレステロールおよび他の脂肪酸類を乳化分散除去します。
◇動物肉に比べ低カロリーです。(201Kcal/100g)




テンペの生活習慣病予防の働き

「テンペ」は、インドネシアで五百年以上前から食べられている伝統的な大豆の発酵食品。大豆を煮てから、ハイビスカスなどの葉の表面につくテンペ菌(クモノスカビ)で発酵させて作ります。
表面は白い菌糸に覆われています。食感が似ていることもあって、「大豆のカマンベールチーズ」とも呼ばれています。
チーズや納豆のように、においやくせがなく、ほのかに甘く、このため、和食、洋食、中華料理と、いろいろな料理に使える特徴を持っています。
機能性も高く、血液中のコレステロールや血圧を下げるほか、心筋梗塞(こうそく)や動脈硬化の予防、抗酸化作用、骨粗しょう症や更年期障害の症状緩和などの効果が知られています。生活習慣病がまん延する米国では二十年前から、肉に代わる食材として消費が広がっています。




テンペの造り方

材料
材料配合例:大豆250g、テンペ菌1g

手順
1. 1リットルの水に食酢50ccを加えよく攪拌し、そこに大豆を入れ一晩つけておきます。
(食酢を入れるのは雑菌が生えるのを抑えるためです。)
2. 翌日、水を替え、豆をよくもみ皮を丁寧に取り除いて下さい。皮が残っていると培養中に雑菌が生えやすくなるのでよく確認してください。豆は半分に割れても大丈夫です。
3. バットや普通の鍋などで30分〜1時間、大豆が柔らかくなるまで煮ます。
4. 煮大豆を容器にあけて35度〜40度に冷まします。
5. テンペ菌をまぶしてよく混ぜます。
6. つまようじや穴開けパンチ等で2〜3センチ間隔で穴を開けたビニール袋に煮大豆を入れます。
7. 水をはったバットの中に水に触れないように綱などで嵩上げし、ビニル袋を置き室温28〜30℃のところに置き、20時間培養します。
8. だんだんと菌糸が伸びてきて白く表面を覆ってきます。
9. 完成!




テンペ菌20g (10kg分)-インドネシア産最上質ラギテンペ- 注意点


テンペ菌

容量:20g
品名:ラギテンペ
原材料:うるち米(テンペ菌)
原産国:インドネシア(ANEKA FERMENTASI社謹製)
保存方法:直射日光を避け冷暗所保存
賞味期限:約18ヶ月

最近チェックした商品