カラメルは、トレンドから掘り出し物まで見つかる通販情報が満載のショッピングモールです! ショップ数:11,304 商品数:10,251,323

マッサ・ヴェッキア アリエント1996年 750ML

販売ショップ: 自然派ワイン&地酒専門店〜 HONEST TERROIR オネストテロワール〜

¥16,971(税込)

169ポイント獲得(ポイントの詳細)

合計10,000円以上のお買い上げで送料無料

クレジットカード 代金引換 銀行振込

在庫なし再販予定などは 販売ショップ に
お問い合わせください

マッサ・ヴェッキアアリエント1996年 750MLです!!!※販売に際してのご注意今回のマッサ・ヴェッキアバックビンテージワイン各1本ずつのご紹介となります。御一人様1種類だけのご購入でお願いいたします。複数種類ご購入の際はご注文のキャンセルとさせていただきますのでご注意ください。そしてよろしくお願いいたします。またバックビンテージワインということでエチケットなど少し剥がれがあったり汚れ、スレがありますことご了承ください。情熱のインポーターヴィナイオータ様その太田社長が愛してやまないマッサ・ヴェッキアのワイン日本中でそのワインを求めて求めて常に品薄そんなマッサ・ヴェッキアのワインですが当店のコンセプトとして実店舗も福島の田舎も田舎にあるわけでワインとはなんぞや?から始まり少しずつステップアップしていくお客様おります。さらには私も不思議なほどにコアなお客様はたまた崇高な生産者ともお知り合いな感じのどこまでもワインラブ!突き詰めるところまで突き詰めたそんなお客様もいたり自分で言うのもなんですがここまで幅広いお客様いるショップも珍しい!?のではと思う今日この頃であります。ですもんでお客様から情報教えていただいたり勉強させていただくこと少なくありません。そんなお店けっこう自分で好きなんですがコアなワイン扱うからこそコアなお客様だけのためのショップでありたいとも思いません。いきなりの出会いそれも大事何かの分岐点となるそんなワインとの出会いも偶然に生まれたら最高ですねということでもう一度マッサ・ヴェッキアのワインなんでこんな枯渇してしまうのか?まずマッサ・ヴェッキアのワインイタリアはトスカーナのワインですねインポーター様情報では ファブリーツィオ ニコライーニとその家族によって営まれるワイナリー。現在は娘のフランチェスカ夫妻に代替わりしている。トスカーナ州の南端グロッセート県のほぼ中央に位置するマッサ マリッティマにある。1986年より、標高200~450mのところにある2.1haの畑から始め、現在は3haでブドウを栽培。土着品種であるヴェルメンティーノやサンジョヴェーゼ、アリカンテを中心に、土壌やブドウの特性をより自然な形でワインに表現できたらと考えている。当初から一切の化学肥料を使わない有機農法を実践、現在では家畜の飼育・その家畜に与える餌の生産・ワラや残根と家畜の糞尿から完熟堆肥の生産、これらの全てを自分たちでまかなう循環型農法を実践。ワイン造りでは、野生酵母のみを使用して、木製の開放醗酵槽でのマセレーションと醗酵を行い、春先の樽の移し変え時かボトリング時の2酸化硫黄の添加もごく少量に抑えるなど、温度管理や化学合成物による人為的なコントロールをせずに醸造を行い、年間約10000本を生産ということでファブリーツィオ・ニコライーニとその家族で始まったワイナリー当初からの一切の化学肥料を使わない有機農法であり家畜も飼育しそれらを循環型農法でまかなう野生酵母での醗酵や二酸化硫黄も極極少量など人為的なコントロールをせずに醸造この説明だけ聞くと今はナチュラルワインの造り手もたくさんおりますし別段そんな特別な存在ではないように思えます。ただ凄いんですワインって同じ名前のワインはビンテージかわってもある程度同じスタイルだったりでもナチュラルワインになるとその状態云々でも良かったり悪かったり時間のかかるワインだったりいろいろですがもちろんその中にあることはあるのですが数少ない私自身のマッサ・ヴェッキアの経験からですが”どのワインにもそれぞれの個性や特徴を伸ばしてあげているワイン”なのではとテンションの凄いビンテージその中のこの赤ワインそして白そしてロゼ軽やかな魅力を纏うワインにしてあげた方がこの子のためだと感じたワインはそう素直に成長させてあげる今時分自身の子供中学二年そして小学六年そして小学一年とみんな男の子ですが三者三様個性も性格も違って得意なことも全然違うそしてそうと知ったかぶりしている親も本当のわが子の個性を知っているかどうかはわからないでもその子の好きなことやりたいことをやらせてあげるでもそんな好きなことを見つけてあげる手助けだったりその好きなものを見つけたときに最後までやりきる根性だったりもちろんマナーもそうだし何より人としての優しさとか美しいものを美しいと感じる心だったり厳しい社会で生き抜く強さ叩かれてもへこたれない芯の強さだったりそういったもの教えていくそれが大事なのかなと財産残してもろくなことにならず残せるものは教育なのかなとでもほんと難しいそしてそんなことがワイン造りにも言えることでありまだまだ全然知らないころばかりですがマッサ・ヴェッキアのワインにはその大切に育てられた子供たち(ワイン)はちゃんとやりたいこと見つけられて素直にそして強く成長しているそんなワインなのではと思います。だからこそ心を打つ魅力を持っていたり偉大なオーラを放つワインだったり甘口ワイン一つでも深い優しさに抱かれるワインとなるのかなとだからこそ愛すべき存在であり常に枯渇しているのもわかるそんなワインなのではと思います。今回貴重なワインお分けいただき飲んだアリエント1998年白それを飲んでなんとなく感じたしだいでした。その様子ですが1998年ですのですでに20年ですねシェリー色というか飴色20年で綺麗な色に成長しているんですねエキスの粘性はまだまだねっとり感あり香りナッティで密も弟切草チックなものもありカラメルドライ貴腐な蜜蝋などなどどんどん出てくる一周してパインや黄桃そんなわけないのにフレッシュ感というか生きた感じがふわっとまた出てくると味わいもまろやかで優しさが素晴らしいですね熟成したワインでないと感じられない世界でもからみつくねっとり感もまだあるカラメルなどの感じあるのに液体はドライででもまだ密度感ある生命力が湧き上がるでももちろん枯れたニュアンスも絶妙に混じり合う頂点なのか下り坂に入っているのか力みは無くでも大人リッチ二杯目またコク〜旨味が戻りゆくオレンジピール入りナッティな充実感に浸れる三杯目またまたゆったりとまろやか飲むごとに表情変えやめられないなんなんだと思うほど魅力的ですね素晴らしく素直にユーモアあり強く生きているワイン羨ましいですね我が子をこんなふうに育てるいや育てるなんておこがましい無理に手を加えずとも子供は育つのか・・・!?見守る事大事なんでしょうねワインから勉強させてもらえるそんな感覚すらあるワインなんですねということでやっぱり素晴らしいワイン魅力にあふれるワインです。マッサ・ヴェッキアです。ということで今回貴重なマッサ・ヴェッキアのバックビンテージ愛する太田社長だからこそお分けいただけたワインなのではと思います。そしてそれをお分けいただけた喜びを噛みしめつつご紹介です。今回飲んだ1998年の感じからもすでに飲みごろというかある程度1,2年とか数年内には飲んだほうが良いとも感じるワインであります。ただこれが赤とかになるとどうなのか品種が変わればまた違ったりして難しいところですがそれでもちゃんと魅力を感じさせてくれるそんな段階へと差し掛かっているワインばかりではと思います。※販売に際してのご注意ぜひご検討いただきたいワインではありますがそれぞれ1本ずつのワイン今回ご紹介のマッサ・ヴェッキア申し訳ありませんが御一人様1種類だけのご購入でお願いいたします。複数種類お買い上げの場合はご注文のキャンセルとさせていただくことになるかと思いますのでよろしくお願いいたします。今回ご紹介のマッサ・ヴェッキアバックビンテージワイン○アリエント1998年 白こちらは申し訳ありません飲んでしまったワインなのでご紹介するボトルがございません。○アリエント1999年 白葡萄品種ヴェルメンティーノ主体、トレッビアーノ、アンソニカ○アリエント2000年 白葡萄品種ヴェルメンティーノ主体、トレッビアーノ、アンソニカ●ラ・フォント・ディ・ピエトラルサ1998年 赤葡萄品種カベルネ ソーヴィニョン100%●ラ・フォント・ディ・ピエトラルサ1999年 赤葡萄品種カベルネ ソーヴィニョン100%●ラ・クエルチョーラ2003年 赤葡萄品種サンジョヴェーゼ65%、アリカンテ(グルナッシュ)35%以上は2018年2月19日入荷分もう一つさらにですが2015年10月20日入荷分こちらは私がヴィナイオータ様とお取引始まり初めてのマッサ・ヴェッキアのバックビンテージのご紹介でした。少量に加え凄い人気でこの時は通常のご案内ではなくオークション形式での前代未聞の割り当てとなりました。でもそれはヴィナイオータ様の利益に繋げるものではなく輸入諸経費を引いた利益相当分を全額寄付その先としてその時に台風18号で被害に遭われた地域を中心に寄付するという名目でした。そんな経緯もあるワインです。今回1998年のアリエントを飲んでそろそろご紹介しなければと思ってのことです。○アリエント1996年 白葡萄品種ヴェルメンティーノ●ラ・フォント・ディ・ピエトラルサ1996年 赤葡萄品種 カベルネ ソーヴィニヨン●モンテレージョ1996年 赤葡萄品種サンジョヴェーゼ●レ・ヴェーリエ・ディ・ネーリ1993年 500ML 赤葡萄品種サンジョヴェーゼとアレアーティコの混醸サンジョヴェーゼと天日干ししたアレアーティコを混醸したワイン。(混醸というところがミソ。仮に別々に醸造したとすると、アレアーティコは甘口に仕上がってしまい、それをサンジョヴェーゼとブレンドしても、薄甘口となるのに対して混醸すると、ほとんどの糖分が焼け切り、辛口に仕上がる) 以上となります。

最近チェックした商品