カラメルは、トレンドから掘り出し物まで見つかる通販情報が満載のショッピングモールです! ショップ数:180,416 商品数:16,474,244

2017年6月2日号

販売ショップ: 週刊読書人 新聞販売サイト

¥280(税込)

2ポイント獲得(ポイントの詳細)

合計1,000円以上のお買い上げで送料無料

クレジットカード 銀行振込

購入数
《特集》
対談=木下直之×赤川学
<股間の向こうに人間社会を見る>
木下直之著『せいきの大問題』(新潮社)刊行を機に

 美術史家/東大教授の木下直之氏が『せいきの大問題 新股間若衆』(新潮社)を上梓した。前著『股間若衆 男の裸は芸術か』から五年、再び股間若衆が読者のもとに帰ってきた。今作も日本の股間表現の変遷などを丹念に繙き、また近年に起こった股間界隈の出来事にも言及する。この刊行を機に社会学者/東大准教授の赤川学氏との対談をお願いした。 

《今週の読物》
■3面
▽文芸同人誌評(白川正芳)
◎秀逸で心に残る、新鮮な素材の詩――谷口岩雄 詩集「こめ(抄)」
◎才能をみせる、方の力抜けた創作――宇高由妃「ひわださん」

◇連載=日常の向こう側 ぼくの内側 293回(横尾忠則)
◎色んな言葉の国の人がアトリエに来ちゃいました。

◇連載=現代短歌むしめがね 88回(山田航)
◎寝ず勉でライバルたちに差をつけろ 進学校で大麻が流行る/七々那ナナ「北九州でまっすぐ育つ」(2016)

◇連載=漢字点心 232回(円満字二郎)
◎「地」

◇連載=ニュー・エイジ登場 415回(伊藤万記)
◎「図抜けて変態」までのみちゆき

■4面
▽論潮・6月(面一也)
◎沖縄独立、または琉球復国爛筌泪箸狼△襪戮「祖国」ではなかった"

■5面
▽文芸・6月(馬場美佳・福島勲)
◎居場所を探す女たち

■6面
◇連載=「映画/映画作家/映画批評」(ジャン・ ドゥーシェ氏に聞く)9回(聞き手=久保宏樹)

■7面
◇連載=「American Picture Book Review」2回(堂本かおる)
◎『シェイズ・オブ・ブラック』

▽受賞=第6回 ポプラズッコケ文学新人賞 和泉智『うたえ! かんたーた』授賞式開催

■8面
▽特集=はじめての吉本隆明(糸井重里・ハルノ宵子)
『吉本隆明全集』(晶文社)第挟刊行開始記念トークイベント

 創刊四年目を迎える『吉本隆明全集』(晶文社)は、この五月、書簡集の発売をもっていよいよ第挟刊行が開始された。これを記念して、四月十五日(土)上野寛永寺・輪王殿で、糸井重里氏とハルノ宵子氏によるトークイベントが開催された。テーマは「はじめての吉本隆明」。八〇年代に出会ってからその晩年まで吉本隆明氏と交流を続けてきた糸井重里氏と、吉本氏の長女で二〇一二年に自宅で介護してきた父を看取ったハルノ宵子氏のお二人が身近な人しか語り得ない、「吉本さんちのおとうちゃん」「父・吉本隆明」について語った。

《今週の書評》
■4面〈学術・思想〉
▽ニクラス・ルーマン著「理念の進化」(新泉社)
評:小山 裕(こやま・ゆたか=東洋大学准教授・社会学・社会システム論)
 
▽江川純一・久保田浩編「「呪術」の呪縛」上・下(リトン)
評:芦名定道(あしな・さだみち=京都大学教授・キリスト教学)
 
■5面〈文学・芸術〉
▽柴田翔著「地蔵千年、花百年」(鳥影社)
評:小林広一(こばやし・こういち=文芸評論家)

▽遠藤不比人著「情動とモダニティ」(彩流社)
評:阿部公彦(あべ・まさひこ=東京大学准教授・英米文学専攻)
 
■6面〈読物・文化〉
▽田島悠来著「「アイドル」のメディア史」(森話社) 
評:難波功士(なんば・こうじ=関西学院大学教授・広告論/メディア史)

▽小林修著「南摩羽峰と幕末維新期の文人論考」(八木書店古書出版部:発行、八木書店:発売)
評:山田俊治(やまだ・しゅんじ=横浜市立大学名誉教授・日本近代文学・日本近代メディア史研究)

▽川端康雄著「ウィリアム・モリスの遺したもの」(岩波書店)
評:立石弘道(たていし・ひろみち=日本大学大学院講師・現代英国文学/比較文化・文学)

▽大竹英洋著「そして、ぼくは旅に出た。」(あすなろ書房)
評:黒真由美(くろさき・まゆみ=関東学院大学教授・アメリカ文学/文化)

<書評キャンパス 大学生がススメる本>
津村記久子・江弘毅著「大阪的 コーヒーと一冊」(ミシマ社)
評:中山 心(なかやま・こころ=近畿大学大学院総合文化研究科日本文学専攻修士課程1年)


◆次号<6月9日号>予告
吉見俊哉・成田龍一対談
『大予言「歴史の尺度」が示す未来』刊行を機に
(8頁・定価280円)

最近チェックした商品