カラメルは、トレンドから掘り出し物まで見つかる通販情報が満載のショッピングモールです! ショップ数:184,890 商品数:16,538,048

The Beatles(ビートルズ)/GET BACK JOURNALS 【8CD】

販売ショップ: コレクターズCD, DVD, & others, TEENAGE DREAM RECORD 3rd

¥10,800(税込)

108ポイント獲得(ポイントの詳細)

在庫:残り1点

銀行振込

購入数
フォーマット:8CD
コンディション(ジャケット/盤):NW/NW
備考:

1969年1月いっぱいかけて行われたビートルズのセッションを通称「ゲット・バック・セッション」と呼ぶ。ホワイトアルバム以降、メンバー間の関係がぎくしゃくしており、このまま瓦解の方向に進んでいくのではないか、それを最も危惧したのはポールであった。そこでポールが音頭をとり、新たなプロジェクトが企画されたのである。1966年以降ライヴ活動は中止していたが、自分たちの結束を固めるためにはライヴが必要だと考えたポールは、再びコンサートツアーに出ることを提案したのである。しかし再びツアーに出ることはジョンとジョージが難色を示し、断念せざるを得なかった。次に、新曲のみのライヴを一度きり行ない、それを撮影してリリースするという提案が出た。実際に当時のマンスリー(ファンクラブ雑誌)では、その一度きりのライヴのための抽選が行われている。しかしご存知の通り結果的にそれは企画段階で頓挫してしまう。結局、着地点としては、ビートルズがスタジオでニューアルバムをレコーディングする、その様子を撮影する、最後にレコーディングした新曲を、観客を入れないながらもライヴ形式で演奏する、という骨子が完成した。それが後に「ゲット・バック・セッション」と呼ばれるセッションに至る概要である。当初のコンセプトが二転三転してのプロジェクトであった。

レコーディングするにあたっては、原点に立ち返るという気持ちを込めてオーヴァー・ダビングは行なわず、シンプルなロックをということで、レコーディングは1969年1月2日から始まった。なにせ撮影を前提としたレコーディングであったため、使い慣れたアビーロード・スタジオではなく、撮影環境を優先してロンドンのトゥイッケンナム・フィルム・スタジオに録音機材を運んでのレコーディングとなったのである。しかし冬のロンドンにおいて、だたっぴろい撮影スタジオ、そして一挙手一投足を撮影しているカメラマンに囲まれ、レコーディングはけして良い雰囲気では行なわれなかった。メンバーには破棄がなく、演奏も怠惰で、思いつくままギターをつま弾くというお粗末なものであった。メンバー間の結束を促す目的で始まったプロジェクトが、皮肉にもメンバー間の緊張を高め、かつ心がかつてのようにひとつではないという姿をカメラの前で露呈してしまったのである。その象徴が1月10日のポールとジョージの口論である。このシーンは映画にも使用された有名なシーンで、何かと他のメンバーに口出すするポールにジョージが反抗している様子が痛々しいものであった。トゥイッケンナム・スタジオにおける撮影とレコーディングは1月16日まで続けられたが、けして実りあるものとは言い難く、結果的にフィルスペクターがプロデュースしたアルバム『レット・イット・ビー』には一切使われていない。

続いてビートルズのメンバーは4日後の1月20日、場所をアップル本社ビル地下にあるアップル・スタジオに場所を変え、レコーディングを再開する。メンバー間の緊張を緩和するには他者の目が必要だと考えたジョージは、キーボードとしてビリー・プレストンをセッションに招聘した。ビートルズの共演者として正式にクレジットされるという栄誉は、トニー・シェリダンに続いてビリー・プレストンが二人目のことである。アップル・スタジオにおけるセッションはビリー・プレストンが緩衝材となったことなどから、トゥイッケンナム・スタジオにおけるセッションとは雰囲気が変わり、ビートルズの「魔法」が再び起こりつつあった。そして、それまでの緩慢な演奏とは異なり、改めて新曲をレコーディングするという意気込みが感じられる完成度の高いものとしても特筆される。ゲット・バック・セッション後半はこうして始まったのである。

このようにゲット・バック・セッションはレコーディング風景そのものを作品化するという目的で始まったため、膨大な音源と映像が残されている。その多くは散漫なものであったり、あるいはディスカッションの様子など、マニアにとっては非常に興味深いものではあるのだが、音楽として鑑賞するには退屈な部分があることも否めない。そこでアナログ時代から、聴き所を編集して数多くのタイトルが生み出されてきたが、そこに編集者のセンスが問われる部分でもあった。そんな状況下で、ひとつの金字塔として長らく親しまれてきたのが「GET BACK JOURNALS」であった。

「GET BACK JOURNALS」は実にディスク8枚に渡って、このセッションのベスト盤的性格を持っている。とっかかりとしては最適のボリュームと内容を誇っているので、ゲットバックセッションが苦手だという人にも充分に楽しめるものとなっている。ディスク1は初日1969年1月2日の演奏から始まり、ディスク6からはアップル・スタジオでのレコーディングと、日付に偏りはあるものの、まんべんなく選択されている。またオリジナルにない特色として、本作では、それぞれが何日の演奏であるのかクレジットしている。「GET BACK JOURNALS」がリリースされた当時は、まだデータ的なものが未整理な時代であったが、その後の研究が進み、どの演奏が何日のレコーディングであるのか明確になっているため、本作ではそれを記している。

名盤「GET BACK JOURNALS」を完全復刻収録。オリジナルに付属していたゲットバック・ブックの全ページを掲載した四つ折りミニポスター付き。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりプレス盤。

DISC ONE
【January 2, 1969】
01. Child Of Nature
02. Revolution
03. I Shall Be Released
04. Sun King - Don't Let Me Down
05. The Teacher Was A-Lookin'
06. Sun King
07. Two Of Us

【January 3, 1969】
08. Crackin' Up
09. All Shook Up
10. Your True Love
11. Blue Suede Shoes
12. Three Cool Cats
13. Blowin' In The Wind
14. Lucille
15. I'm So Tired
16. Ob-La-Di, Ob-La-Da
17. The 3rd Man Theme
18. Negro In Reserve
19. Don't Let Me Down
20. One After 909
21. Because I Know You Love Me So
22. One After 909
23. If Tomorrow Ever Comes
24. I've Been Tickled That You Love Me So
25. Won't You Please Say Goodbye
26. Bring It On Home To Me
27. Hitch Hike
28. You Can't Do That
29. Hippy Hippy Shake
30. Two Of Us
31. Tea For Two
32. Chopsticks
33. Whole Lotta Shakin' Goin' On

DISC TWO
【January 3, 1969】
01. Two Of Us
02. Rhythm Instrumental
03. Short Fat Fannie
04. Midnight Special
05. When You're Drunk You Think Of Me
06. What's The Use Of Getting Sober
07. What Do You Want To Make Those Eyes At Me For?
08. Money (That's What I Want)
09. Give Me Some Truth
10. All Things Must Pass
11. Organ Instrumental
12. All Things Must Pass
13. Driving Church
14. All Things Must Pass
15. All Things Must Pass
16. All Things Must Pass
17. All Things Must Pass
18. All Things Must Pass

【January 7, 169】
19. Maxwell's Silver Hammer
20. Speak To Me
21. When I'm Sixty-Four
22. Oh! Darling
23. Maxwell's Silver Hammer
24. Maxwell's Silver Hammer
25. Maxwell's Silver Hammer
26. Give Me Some Truth
27. Don't Let Me Down
28. Devil In Her Heart
29. Don't Let Me Down
30. Thirty Days
31. Instrumental Jam
32. School Days

DISC THREE
【January 8, 1969】
01. I Me Mine
02. Early In The Morning - Honey Hush
03. Stand By Me
04. Hare Krishna Mantra
05. Hare Krishna Mantra
06. Two Of Us
07. You Got Me Going
08. Twist And Shout
09. Don't Let Me Down
10. I've Got A Feeling
11. One After 909
12. Too Bad About Sorrows
13. Just Fun
14. She Said She Said
15. Mean Mr. Mustard
16. Don't Let Me Down
17. All Things Must Pass
18. Fools Like Me
19. You Win Again
20. Instrumental
21. She Came In Through The Bathroom Window
22. I Me Mine
23. Almost Grown
24. Improvisation
25. What Am I Living For?
26. Rock And Roll Music
27. I Me Mine
28. Let It Be

DISC FOUR
【January 8, 1969】
01. I Me Mine
02. The Long And Winding Road
03. Let It Be
04. To Kingdom Come
05. All Along The Watchtower

【January 1969】
06. boat show dialogue

【January 9, 1969】
07. Two Of Us
08. Baa Baa Black Sheep
09. Don't Let Me Down
10. Suzy’s Parlour
11. I've Got A Feeling
12. One After 909
13. Norwegian Wood
14. She Came In Through The Bathroom Window
15. Be-Bop-A-Lula
16. She Came In Through The Bathroom Window
17. No Pakistanis
18. La Penina
19. Across The Universe
20. Shakin' In The Sixties
21. Move It - Good Rockin' Tonight
22. Tennessee
23. Across The Universe
24. House Of The Rising Sun

DISC FIVE
【January 9, 1969】
01. Commonwealth
02. Get Off White Power
03. Honey Hush
04. For You Blue
05. Let It Be
06. Ramblin' Woman - I Threw It All Away - Mama You Been On My Mind
07. Let It Be

【January 10, 1969】
08. Two Of Us
09. High Heeled Sneakers
10. Get Back
11. Get Back

【January 13, 1969】
12. Instrumental Jam

【January 14, 1969】
13. Lady Jane
14. Jazz Piano Song
15. Piano Instrumental
16. Woman
17. The Back Seat Of My Car
18. It's Just You
19. Peter Sellers Visiting

DISC SIX
【January 14, 1969】
01. Madman
02. Mean Mr. Mustard - Madman
03. Watching Rainbows
04. Instrumental Jam
05. Take This Hammer
06. Johnny B. Goode

【January 22, 1969】
07. I Shall Be Released
08. Instrumental Jam
09. I've Got A Feeling
10. News Report - I've Got My Blue Finger
11. Every Night
12. Dig A Pony
13. Watch Your Step
14. New Orleans
15. Madman
16. Dig A Pony
17. High Heeled Sneakers
18. Milk Cow Blues
19. Little Queenie
20. When Irish Eyes Are Smiling
21. Queen Of The Hop
22. All I Want Is You
23. Roll Over Beethoven - Hully Gully - Good Rockin' Tonight
24. Forty Days - Instrumental Jam
25. Too Bad About Sorrows
26. Don't Let Me Down

DISC SEVEN
【January 22, 1969】
01. Dig A Pony
02. You Got The Message
03. I'm Ready
04. Dig A Pony - Papa's Got A Brand New Bag - Shout! William Smith Boogie
05. You've Got Me Thinking
06. I've Got A Feeling
07. She Came In Through The Bathroom Window
08. Don't Let Me Down
09. I've Got A Feeling

【January 23, 1969】
10. Octopus's Garden
11. Get Back - Reach Out, I'll Be There
12. I've Got A Feeling
13. Help!
14. Please Please Me

【January 24, 1969】
15. Rock and Roll Circus dialogue
16. Get Back
17. Instrumental Jam
18. Get Back
19. Ob La Di Ob La Da
20. Get Back
21. Soldier Of Love
22. Soldier Of Love - Cathy's Clown - What’d I Say - Love Is A Swingin’ Thing
23. Child Of Nature
24. Two Of Us
25. Teddy Boy

DISC EIGHT
【January 24, 1969】
01. Teddy Boy - Balls To Your Partner - Ach Du Lieber Augustin
02. Two Of Us
03. Polythene Pam
04. Improvisation - Two Of Us
05. Maggie Mae
06. Teddy Boy
07. Two Of Us
08. Her Majesty
09. There You Are, Eddie
10. Every Night - Pillow For Your Head
11. Hot As Sun
12. Two Of Us - Hello, Goodbye
13. Diggin' My Potatoes - Rock Island Line
14. Singin' The Blues - Knee Deep In The Blues
15. Dig It
16. Get Back
17. Bad Boy
18. Sweet Little Sixteen - Around And Around
19. Almost Grown
20. School Days
21. Postcard dialogue

【January 27, 1969】
22. Get Back

最近チェックした商品