カラメルは、トレンドから掘り出し物まで見つかる通販情報が満載のショッピングモールです! ショップ数:182,416 商品数:11,602,617

カレーリーフの苗: 3号ロングポット *実生苗(20cm)

販売ショップ: マルシェ青空

ブランド: マルシェ青空

¥2,052(税込)

41ポイント獲得(ポイントの詳細)

クレジットカード 代金引換 銀行振込

購入数

数量

花言葉は「不滅の愛」

カレーには欠かせないハーブです。 乾燥物の香辛料はスーパーマーケットでも入手出来ますが、乾燥すると香りが飛んでしまい、本来の香りが得られません。 ぜひご家庭でフレッシュなもので美味しいカレーを楽しんで下さい。 風味が全く違います。

花も綺麗ですし、観葉植物としても良いサイズです。 香りがしてきたらカレーにしたくなる気分になりますよ。笑 

東京のマルシェでも少量ですが生のカレーリーフが販売されているのを見かけたことがあります。  生のカレーリーフはまず手に入りません。

南洋山椒という和名には山椒の名が附されているが、サンショウ属ではなく、ゲッキツ属に属する別種である。 常緑の低木または高木で、成長すると高さ4〜6m、幹は直径40cmほどになる。葉は奇数羽状複葉で11〜21枚の小葉はそれぞれ長さ2〜4cm、幅1〜2cm、ふちに細かい鋸歯がある。

花は白く小さい。小粒で、熟すと黒い実がなるが、種に毒がある。

【特徴】
葉は少しカレーに似たスパイシーな香りと柑橘系のさわやかでフルーティーな香りが混じったような香りがし、インド(特に南方のマドラス地方)やスリランカで、カレーの香りづけに使われます。

【利用】
葉はカレーと柑橘類を足したようなスパイシーな香味をもち、インド(特に南インド)やスリランカで料理の香り付けとして用いられる他、タミル・ナードゥ州などの南インドからの移民が多いマレーシアでも、南インド系の料理に用いられる。 葉は乾燥させると香りが弱まるため、普通は生のまま、小葉を他の香辛料や小粒の豆類と油で炒めて用いる他、サンバールやラッサムの味付けに用いる香辛料粉末にも配合する。

花は香油に用いられる。
また、葉・樹皮・根は強壮作用をもつ。

和名: カレーリーフ、オオバゲッキツ(大葉月橘)、ナンヨウザンショウ(南洋山椒)、カレーの木、カレーツリー
インド名: カリパタ
スリランカ名: カルピンチャ
英名: Curry Leaf Tree
学名: Murraya koenigii

原産地: 神奈川県
形態: ミカン科ゲッキツ属、常緑樹
種別: 実生苗
農薬: 不使用
サイズ: 20〜30cm *3年生
ポット: 3号ロングポット
ベランダ栽培: オススメ
生育適温: 20〜30℃ 
耐寒温度: 10℃
耐暑温度: 35℃
栽培難度: ★

【栽培方法】
■育てる場所・土
日当たりのよいところで育ててください。
水はけのよい土を好みます。 花木の培養土などの庭木用の土がおすすめです。 (果樹の場合一番のおすすめは五つ星の培養土)
庭植えの場合、あらかじめたい肥や腐葉土を混ぜ込んでおくとよいでしょう。

植え替える場合は鉢底の穴をふさぐように(土こぼれ防止とナメクジなどの虫よけのため)鉢底ネットを敷き、その上に鉢の高さの1割ほど、鉢底の石を敷いてください。 その上に培養土を、植え付ける苗の土の表面が鉢の縁から1〜3cmほど下になるように調整して入れます。 苗の周りにもしっかりと土が入るように棒などできちんと土を押しましょう。 植え付けたら鉢底から流れ出るくらいにたっぷりと水やりを。

■水やり
鉢植えの場合、土の表面が1cmほどしっかりと乾いたら、鉢底から流れ出るくらいにたっぷりと与えましょう。鉢皿を敷いている場合、たまった水はその都度捨ててください。 水をためっぱなしにしていると根っこが腐る原因となります。 庭植えの場合、晴れの日が続く場合や葉に元気がなくなってきたら与えてください。
夏は午前中の涼しい時間に、冬も凍る心配のない午前中に水を与えましょう。 夏の日中に水切れを起こした場合は、すぐに涼しい日陰に移して水やりを行ってください。

■肥料
植え付け前と毎年2〜3月に(発酵油かすなど)とバットグアノなどを与えましょう。 生育期の5〜10月には、2ヶ月に1回程度、暖効性の化学肥料を与えてください。 冬は与えません。

「玄米酵素アミノ酸」がオススメです。

■お手入れ
枝が込み入ってきたら暖かい時期に切り取りましょう。 乾燥時にハダニやカイガラムシが発生する場合があります。 まめに葉水を行い、早めの防除そ心がけてください。

■植え替え・株分け
鉢植えの場合、暖かくなってきた頃に植え替えを行ってください。 古い土を根を傷めない程度に軽く落とし、一回り(3cm)大きい鉢に新しい土を足して植え替えます。 根を傷つけると立ち枯れを起こす場合があります。

■温度
幼木のうちは、耐陰性があり、日陰でも育てることができますが、明るい場所のほうが生育は早くなります。 真夏の直射日光は避けてください。 高温多湿を好みます。

■冬越し
ある程度大きくなれば耐寒性が強くなり10℃まで耐えますが、小さいうちは15℃と考えてください。 11月〜4月は室内で管理して、肥料はあげないでください。 水も3日に1度で十分です。

■納期
5日以内に出荷致します。

■送料
全国一律1,200円です。 「ゆうパケット」で送れないので、"3,000円以上送料無料"の適用外です。

最近チェックした商品