カラメルは、トレンドから掘り出し物まで見つかる通販情報が満載のショッピングモールです! ショップ数:182,388 商品数:11,566,697

アンヌ・ローズ ブーダン・ノワール330g缶詰 細缶

販売ショップ: 自然派ワイン&地酒専門店〜 HONEST TERROIR オネストテロワール〜

定価 ¥2,160
¥1,851(税込)

18ポイント獲得(ポイントの詳細)

合計10,000円以上のお買い上げで送料無料

在庫:残り1点

クレジットカード 代金引換 銀行振込

購入数
アンヌ・ローズブーダン・ノワール330g缶詰です!!!好評完売につき再入荷!&330g細缶入荷!330g細缶は細長いタイプとなります。800g缶よりも細かく肉を挽いていてガストロノミー向けに仕上げているタイプとなります。ブーダン・ノワール・・・!?ご存じでしょうか私は全く知りませんでした。料理関係にはまだまだ無知なものでソーセージ?分類的にはブラッドソーセージの一種になるようです。ブーダンとして黒と白があるようですが今回はブーダン・ノワールということで黒です。通常のブーダンも食べたことあるか無いか定かではないのですがしかも調べた情報ですと通常のブーダンノワールは腸詰としてソーセージとして売られることが多いようですが今回のアンヌ・ローズブーダン・ノワールは腸詰ではないタイプです。食べ方としては調理方法1.パテ状のブーダン・ノワールが固まるように冷蔵庫に入れておく2.缶の両面を缶切りで開け、片側から押し、2cm厚でスライス。3.フライパンで火入れ。焦げないように、中火〜強火がオススメです。両面を1分半ずつ。4.外はサクサク、中はとろっと仕上げる。お皿に盛る前にキッチンペーパーに乗せ、油を取る。5.火入れしたリンゴ、ジャガイモのピュレ、野菜などを添えて仕上げる。ボナペティ!缶詰にするときに火を入れてますので、お好みで冷製でもお使いいただけます。また、皮で包んで揚げると、また違った美味しさに。ということで冷製でもいけるもので今回は火を入れて食べてみました・・・マーベラスです!!!!!よくあるレストランの味わいがここに!みたいなふれこみの食材とかレトルトとか缶詰とかありますがだいたいが実際食べてみると一段も二段も味わいの劣るというか大量生産用に造られたことがわかるようなものが多いガッカリすること多いのですがこのアンヌ・ローズ ブーダン・ノワールはまさにそのものなんだと思います。もともと大量に売って儲けようとかそんな代物ではなく本当にこの缶詰が高名なレストラン様やBAR様で一皿としてご提供いただく信頼のあるブーダン・ノワールなんですねブーダン・ノワールを真似て廉価品として出ているようなものではないんですだからこその美味しさが詰まった一缶正直以前は800gの本当に業務用のものしかなくでもそれでも何か感じるものがあり実店舗のみでお取扱いしておりました。でも800g個人で食べてみるにはちと量が多いがつがつたくさん食べるものでもないのででも今回やっと個人向けの200g缶詰がリリースとなりました。それで今回やっと吉田家でも食すことができてご紹介のように少し冷蔵庫で固めて取り出し薄くスライスして両面焼き目を付けて食べると・・・マーベラス!な美味しさなわけなんですしかも味付けが絶妙でスパイシーそして複雑旨味の濃さと調和が素晴らしいノワールということで豚の新鮮な血が使われているのですがそれが臭みとかにはまったくならず深いコクを生み出し日本人にもバッチリ相性の良い味わいに小学生の子供にも受けてしまう懐の深さもちろん私などはオオハマリなわけでその晩のおかずが母の作った手ゴネハンバーグだったのですが申し訳ないことをしたような気になりました。母はちなみに美味しいコンビーフのようだね・・・といやいやもっと複雑で高級でしょうよ!と言いたくなりましたがそれぞれの味覚でもありますしでも食材として久しぶりに感動のお味であります。個人用の200g缶詰でしたら数人で食べればすぐに無くなる量ですしちょっとしたホームパーティでマッシュポテトなんか添えて一皿だしたら驚かれること請け合いです!ぜひ!!!!!以下インポーター様情報フランス南西端 バスクの地。ピレネーの澄んだ空気の中で育った豚から仕込まれるブーダン・ノワール。フランクが二つ星のシェフ クリスチャン・パラとともに仕上げたレシピ。今回の訪問で彼らがどれだけ新鮮な素材、良質のスパイス、ピマンデスペレットにこだわっているかが分かりました。パリのル・セヴェロでも前菜の一皿として提供しているブーダン・ノワール。味も決まっていて、的確な火入れをすれば一皿として完成するため、レストラン、ワインバーの信頼も厚い逸品です。

最近チェックした商品