カラメルは、トレンドから掘り出し物まで見つかる通販情報が満載のショッピングモールです! ショップ数:182,382 商品数:11,570,160

クリスタル・クローズド クリスタル・クローズド2015年 750ML

販売ショップ: 自然派ワイン&地酒専門店〜 HONEST TERROIR オネストテロワール〜

定価 ¥4,301
¥3,686(税込)

36ポイント獲得(ポイントの詳細)

合計10,000円以上のお買い上げで送料無料

クレジットカード 代金引換 銀行振込

購入数
クリスタル・クローズドクリスタル・クローズド2015年です!ここにきて知るというなんだか残念な話でも本当に残念な話のようです。造り手はワインは同じ方向持つ方々は繋がっているんですねフランスはロワールソーミュール地方には非常に稀有な存在の葡萄畑が存在するようでそこはクロ・クリスタルと呼ばれる畑だったようです。クロとは石垣とか石積みの壁を意味しブルゴーニュの畑でもクロとつくワインはそんな石垣などに囲まれた畑となるようですがその石の壁が太陽の熱を吸収しその近くに植わるブドウ樹はより早く熟し成長するようでこのクロ・クリスタルにおいてはその石の壁が葡萄畑を囲むように存在するだけではなくぶどうの畝に平行に沿うように存在している非常に稀有な存在の畑となっているようです。そのクロ・クリスタル長年にわたってエリック・デュボワ氏と奥さんそしてその近隣の仲間で守ってきたようです。その仲間の一人にはフランソワ・サン・ロもいたということで自然派造りをここで学んだともいえるようです。そんなクロ・クリスタルのワイン畑の所有者が突然エリック氏との契約を解除し、共同組合としてワイン造りをすることに決めました。結果として長年馬で耕され、ビオで長年管理されてきた畑は、一瞬にして農薬のまかれる畑に変貌することとなりました。こんな残酷なことってあるんですねなんともやりきれないことですね以前からしっているわけではなくともどれだけ大変な作業を重ねてきたのかそのへんは感じることができます。それが畑の所有者の考え一つでゼロになってしまうとは・・・でもその最後のワインとなるクロ・クリスタルそのワインエリック氏がつくる最後のミレジムのワインは、フランソワや仲間たちがバックアップし、クリスタル・クロースドとして販売される事になりました。とのことで生まれたのがこのクリスタル・クローズド2015年になるわけです。クロ・クリスタルそれが閉じてしまうクローズドそんな意味合いだと思いますがそんなとてもとても貴重なワインであります。今回リリースとなったワインも少量マグナムは数十本のみのようですので大事に大事にそしてこのクロ・クリスタルの歴史をのせてご紹介しなければと思いました。今回そんな貴重なワインの中から1本テイスティングさせていただきました。今回の二番通り酒店さんのワインでもこのワインは特別と感じます。それは確かに造り手のそして仲間の想いが歴史が込められているからなのではと思います。ワインは趣向品でそれぞれ生活が食べ物が体調が変われば感じ方も人それぞれでもこんな歴史を聞いて飲めばさらに深みが増してくるものでありありがたく頂戴しなければいけないそんなワインなのではと思います。その様子ですが開けたてグラスに注ぐと色は茶の入るような黒系濃いめ香りは不思議ヨーグルト?甘草もあり乳酸系の何か印象もある奥のローストなど焦げた印象があり甘い果実香が濃密です。味わいがもう下から下から突き上げるようにグググッとせり出す果実味何か得体のしてない力が一杯に込められていてかといって樽や重厚な果実味全開の無駄な力みの入ったワインではなく鉄分あり根、茎骨格がしっかりとした構造男酒かと思うような風合いもありながら旨味の出し方が絶妙旨い本当に旨いと感じる充実感ありリリースしたばかりのこの段階でこの内容じょじょにココア調の密度感ある果実味へと数日してもへたらないワインであり密度感増していくそしてしっとり感もあるワインこの稀有な存在のクロが与える影響がこの中に込められていてそれを感じなくてはとそんな歴史の生き証人となるべく感じていただきたいワインであります。以下インポーター様情報Cristal Closed 2015 [ NEW ]クリスタル・クローズド品種:カベルネ・フランエリック氏がつくる最後のミレジムのクロ・クリスタル。ワインは酸化防止剤は使わずにビン詰されました。滑らかで優しいソーミュールならではのカベルネ・フランです。エチケットはサン・ロの妹ジャスティンが描きました。クリスタル・クローズド -- Crriissttall Cllossed -- [ ロワール地方 ソーミュール ]ソーミュール地方にあって一際美しいクロ(石積みの壁)に囲まれた美しい畑を持つクロ・クリスタル。エリック・デュボワ氏と奥さん、仲間たちが長年にわたり、除草剤は使わず、馬で耕す畑仕事に情熱を注いできました。フランソワ・サン・ロも、このクロ・クリスタルで働き、ワイン造りの研鑽を積みました。しかし2017年、畑の所有者が突然エリック氏との契約を解除し、共同組合としてワイン造りをすることに決めました。結果として長年馬で耕され、ビオで長年管理されてきた畑は、一瞬にして農薬のまかれる畑に変貌することとなりました。エリック氏がつくる最後のミレジムのワインは、フランソワや仲間たちがバックアップし、クリスタル・クロースドとして販売される事になりました。長年かけて自然との調和を大切にしてきた畑が一瞬にして失われる切ない現実。エリック氏やフランソワ・サン・ロ、そして仲間たちの思いが詰まった最後のワインを、ぜひ思いを込めて飲んでいただけたら嬉しいです。

最近チェックした商品