カラメルは、トレンドから掘り出し物まで見つかる通販情報が満載のショッピングモールです! ショップ数:171,137 商品数:16,639,767

お買い物の前に4,000ポイントゲット

国産無添加 丹波産鹿肉 ドッグフード

販売ショップ: Fresh Factory |高級丹波産鹿肉を使った国産無添加ドッグフード & おやつ

¥1,580(税込)

15ポイント獲得(ポイントの詳細)

合計3,000円以上のお買い上げで送料無料

クレジットカード 代金引換 銀行振込

購入数
お買い物の前に4,000円分のポイントゲット!

サイズ

天然丹波産の鹿肉を贅沢に使用したドッグフードです
低カロリー高タンパクの鹿肉を使用したオリジナルドッグフードです。

野生の鹿は家畜と違い、抗生物質などの薬を使用されることも、不自然な育ち方をすることもありません。

安全で安心が得られる素材ですので、アレルギーで悩む愛犬にもおすすめです。

Fresh Factoryの国産無添加ドッグフードは国内の工場で手間ひまかけてこだわりの製法で作られています
Fresh Factoryのオリジナルドッグフードは国内の工場で手間ひまかけてこだわりの製法で作られています。
低温でじっくり時間をかけて乾燥させていますので高温による栄養価の低下が少なく、風味のよいフードに仕上がっています。





  Fresh Factory 国産無添加
丹波産鹿肉使用ドッグフード &nbsp&nbsp1,580円&nbsp(500g)
&nbsp&nbsp2,860円&nbsp(1kg)
&nbsp&nbsp6,190円&nbsp(3kg)
11,680円&nbsp(6kg)
15,970円&nbsp(9kg)

原材料
生肉(鹿肉、白身魚肉、青背魚肉、アナゴ)、大麦全粒粉、玄米、煮干粉末、脱脂粉乳、サツマイモ、じゃがいも、コプラフレーク、ホエイタンパク、全乳粉、煎りゴマ、ひまわり油、ビール酵母、グレインソルガム、コーングルテン、海藻粉末、イソマルトオリゴ糖、卵殻カルシウム、焼成牛骨カルシウム、リジン、乳酸菌群、メチオニン

保証成分値:粗タンパク質:28.0% 以上、粗脂肪:8.0% 以上、粗繊維:4.0% 以下、粗灰分5.0% 以下、水分:8.0% 以下

代謝エネルギー:370kcal/100g

仔犬 給餌目安量 6〜11週齢 成犬量の3〜4倍 3ヶ月〜4ヶ月 成犬量の2〜3倍 5ヶ月〜7ヶ月 成犬量の1.5〜2倍 7ヶ月〜12ヶ月 成犬量の1〜1.5倍 1歳までの成長期には、上の表を参考に増量して下さい。
成犬 給餌目安量 〜5kg 30g〜100g 5kg〜10kg 75g〜150g 10kg〜30kg 120g〜400g 30kg〜60kg 350g〜800g 十分な水分と共に、上記を参考に体型を見て、給餌量を増減して下さい。
鮮度バツグン できたてをお届け一般的に流通しているドライフードは、特に海外で生産されているブランドでは、店頭に並ぶまえにかなりの日数が製造後経っていることもあります。
店頭では通常半年から1年後ぐらいの消費期限のものが置かれていると思いますので、つまり、一般のドッグフードは製造から1年から1年半ぐらいの消費期限が設定されていることになります。

日本全国の小売店で売られるナショナルブランドの製品では、メーカーから卸売を経て小売店へ流通することが前提に製品の仕様が設計されています。
長期間保存することや品質を保持させるという事項が製品仕様の大きな決定要因であり、制約要因でもあると思います。

Fresh Factoryのドッグフードでは、国内で製造後そのまますぐにお客様にお届けするというルートを前提にしています。このことにより、特別なことはしなくてもできたての品質が低下していない商品をお届けできます。なかなかドッグフードを食べてくれないワンちゃんに試してみてください。Fresh Factoryのドッグフードは、材料のお肉や魚を生の状態からミンチにし、過剰に加熱加工しない製法をとっていますので、素材本来の風味が残っています。
素材の自然な風味が残っているから、余分な味付けや匂い付けもしていません。

味や匂いに敏感なワンちゃんにぜひあげてみてください。

Fresh Factory ドッグフードのコンセプトFresh Factoryのドライフードは、総合栄養食としてのドライフードが持つ利点を以下の通りとすると、

- 長期間保存できる
- 取り扱いが簡単
- コストが比較的低い

その利点が失われない範囲内で、ドライフードの欠点をなるべく補うためにはどのように製造され、流通されるのが最適かという基準でたどり着いた形です。

犬の食事の質だけを追求すれば、新鮮な自然の素材だけで手作りすることが一番よいことになるでしょう。
ですが、それでは経済性や利便性は損なわれてしまいます。

Fresh Factoryのドッグフードが目指した目標は、

- 製造日から3~6ヶ月間保存できること
- 犬のごはんだから、材料は新鮮な生肉から作りたい、たんぱく質の状態にこだわりたい(過熱による変性を少なくしたい)。
- コストは一般のドッグフードから大きくかけ離れないように。
- 総合栄養食の利便性はそのままに(とりあえずそれだけあげていれば栄養のバランスはOK)

その結果、使う機械、材料の状態とその処理など製法は一般のドッグフードのそれとは全く違ったものになりました。
uaLinkChanger('changeLink2','http://shop-tdsp.com/?mode=f9');uaLinkChanger('changeLink1','http://shop-tdsp.com/?mode=f6');このようなお客様に我々はFresh Factoryのドライフードが犬にとって最高の食事というふうには位置づけてはいません。
便利なドライフードのメリットを残しつつ、特にたんぱく質の質にこだわって、無添加で安心して使っていただけるように作りたてをできるだけ早くお届けできるようにした商品と位置づけています。

我々はドライフードの利便性は必要だけれども、なるべく犬にとって栄養価値が高く、喜んで食べてくれるドッグフードをお求めのお客様に使っていただきたいと願っています。

最近チェックした商品